「心のてんとう虫」

SAYAの自由で楽しい日常綴りです。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
商品紹介
イーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶ
イーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶ (JUGEMレビュー »)
天外 伺朗, 衛藤 信之
衛藤さんと天外さんの人生哲学が交互に書かれています。
100人の村争わないコミュニケーション
100人の村争わないコミュニケーション (JUGEMレビュー »)
中野 裕弓
『世界がもし100人の村だったら』のきっかけを与えた中野裕弓さんのコミュニケーションに関する本。コミュニケーションスキル紹介の中にその根本の重要性が感じられる本です。
「原因」と「結果」の法則
「原因」と「結果」の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン
説明なしで、読んでいただければベスト☆
起業するとか人とのコミュニケーションうまくなりたいとか、色々な願望をもっているとき読んだのですが、自分の視野はなんて狭いのだ!とショックを受けました。1902年に書かれてなお売れつづける理由がわかります。
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
ブックマーク
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 新月と満月のメルマガ | main | せっかくのチャンスを逃すのも意地 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
「守・破・離」の守が苦手な理由
こんにちは、SAYAです。

今日はお休みDAYということで日記を書く時間がたくさんあって嬉しい♪



さて、昨日そうめいコーチングを受けていて


「守・破・離」の「守」をしたらいいということが出てきました。

つまり、先人の知恵を借りることをもっとしたらいい、ということ。

モデリングですね。


でも、私は「守」にたいして抵抗を感じていてここでも

『う〜〜〜ん・・・』と気分さげさげな状態でしたあせあせ



だって、つまらないんだもん。

だって、同じこと何度もやらなきゃいけないんだもん。

だって、時間がかかるんだもん。


そう、この思考パターンが「守」をやりたくない元凶。



なんでそんなイメージがついたのかというと、

小学校1年生から習い始め12年間やり続けた剣道。。。


そもそも小学生のときに「やめたーーーーい!!(大泣)」と言いながら

周りに説得されてやめたいのに我慢して続けていた小学校時代の剣道。

モチベーションがない中で「守」「守」「守」と6年やらされ続けた結果、、、

今も「守」をやりたい気持ちが沸いてこない。

自分でやりたいことを好きにやりたい!という気持ちのほうが強いのです。


モチベーション、情熱・・・これはやりたいことをやる原動力です。

やりたくないことをやる原動力は他者非難力、自己不信力かしら(笑)。
 忍耐力だと誤解してましたけど。



本当にやりたいことをやるのには先人の知恵をパクッといただいたほうが

その道の発展にも繋がるし(先代からバトンタッチして次につないでいくから)

同じことを繰り返さなくてよいし、一石二鳥以上のものがありますよね。

しかも時間はたくさんかかるわけじゃなく、集中したら一瞬でモデリングできることも多々。


そうめい氏によってイメージを書き換えてもらいました。




当時の私にとっては「守・破・離」の前に「本当の夢」を見つけて一歩踏み出すことが必要だったのですね。

「主・破・離」はそれからでした。

と、今さらながら認識したSAYAでした。


やはり好きなことを好きなだけやれるのは有難い楽しい


毎月2回!新月と満月のメルマガ発行中●○
読者希望の方は info@1010mushi.com まで

メルマガサンプルはコチラ
http://mokmok.jugem.cc/?eid=486


パートナーの会社蝪達硲佞5万円HP制作ネット受付開始しました!
http://5hp.chu-3-chu.com/
| MYわくわくストーリーズ | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:38 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://mokmok.jugem.cc/trackback/487
トラックバック