「心のてんとう虫」

SAYAの自由で楽しい日常綴りです。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
商品紹介
イーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶ
イーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶ (JUGEMレビュー »)
天外 伺朗, 衛藤 信之
衛藤さんと天外さんの人生哲学が交互に書かれています。
100人の村争わないコミュニケーション
100人の村争わないコミュニケーション (JUGEMレビュー »)
中野 裕弓
『世界がもし100人の村だったら』のきっかけを与えた中野裕弓さんのコミュニケーションに関する本。コミュニケーションスキル紹介の中にその根本の重要性が感じられる本です。
「原因」と「結果」の法則
「原因」と「結果」の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン
説明なしで、読んでいただければベスト☆
起業するとか人とのコミュニケーションうまくなりたいとか、色々な願望をもっているとき読んだのですが、自分の視野はなんて狭いのだ!とショックを受けました。1902年に書かれてなお売れつづける理由がわかります。
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
ブックマーク
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 手持ちの本たち | main | キャッシュフローゲーム大会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
28/100の本
28/100の本今までに読んだことがあるから、残りは72冊
そして、昨日と今日で「ねじまき鳥クロニクル 泥棒かささぎ編」と「蜘蛛の糸・杜子春」を読み終えた。

30/100…残り70冊。

「ねじまき鳥クロニクル」
何とも不思議な話。現実感があるだけに自分が同じ境遇に立ったらどうしよう、と考えてしまう。どうしようもない。

「蜘蛛の糸・杜子春」
「杜子春」。彼は仙人として生きるよりも人間として生きることを選んだ。それは愛による。仙人になるために受けた試練で喜・怒・哀・懼・悪・欲の6情には打ち勝ったが最後の愛には勝てなかった。それが人間として生きることを選んだ結果。私も愛には勝てないと思う。それ以前に恐怖に勝てるかも定かではない。
人生楽ばかりでは決してない、いつか試練がおとずれる。そのとき自分は恐怖には打ち勝つ人間でありたい。
その他の短編…「蜘蛛の糸」「犬と笛」「蜜柑」「魔術」「アグニの神」「トロッコ」「仙人」「猿蟹合戦」「白」
| - | 12:36 | comments(0) | trackbacks(1) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:36 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://mokmok.jugem.cc/trackback/17
トラックバック
「杜子春」のエグイ原作
うちの子供は6歳。 私は、子供がかわいくてかわいくてしょうがないのだけれど、どうもあちらサンは俺のことは遊び友達程度にしか思っていないようだ。 遊びに連れて行く前の日は「パパと寝る〜」とかいって甘えてくるのだが、最近は何かというと私に説教をする。何か
| 自己実現寺 | 2004/09/04 8:42 PM |